Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






情報を集めて対応するということ

少し調べる気になれば、情報はいくらでも手に入る。もちろん玉石混淆、ガセネタも多い。しかし、注意深く見ていけば、そして思考停止さえしなければ、どの情報が自分にとって有用かは見えてくるはずだ。
通常、情報発信には「目的」がある。目的がある以上、そうした情報はそれ自体「政治的」なものである。そして、その文脈を読み込んでいけば、発信情報の意図は見えてくる。「誰(どんな人)が発信している情報か」「それが誰(どんな人)にとって意味のある情報か」「何を目的とした情報か」などなど、判断のモノサシは多いが、一つひとつそれらを読み解いていけば、自分にとって有用な情報は絞られてくるはずである。


福島大学の授業再開によせて


グローブ氏は、技術やビジネスの問題を解決するいつものやり方で、自分の病気に向かいあった。
つまり、情報を集め事実を知るために、あらゆる手段を尽くしたのだ。
(中略)
専門家や患者にも会って話を聞き、新しい情報が得られなくなった。
グローブ氏はすべてのデータを、あのプロットにまとめ直した。そして、
"I decided to bet on my own charts".(自分のグラフに賭けることに決めた)。


米インテル社CEOアンディ・グローブ氏の検索術


大変難しいこととは思いますが、
それぞれの方が、福島第一原発事故による放射能汚染に対して
情報を集め対応されることを願っています。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2011/05/08 23:44】 | つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






福島第一原発事故による内部被曝のこと
私は化学(環境に関すること)を大学院で専門にしていたこともあり、福島第一原発事故による環境汚染が相当気になっていました。

いろいろなデータをチェックしているのですが、心配になるようなデータがネット上では数多く見つかります。

データから計算したり、推測したりすると、原発から200kmは離れている東京であっても、健康に大きな影響を及ぼしかねないレベルで、多くの方が、それも知らないうちに被曝(特に内部被曝)してしまうのではないかと強く心配しています。

ここではデータのことは書きませんが、内部被曝のことをあまりご存知でなければ、お手すきのときに音声だけを聞き流すだけでもよいので今後の被曝量を小さく抑えるために下記の動画などの資料を確認してみることをお勧めします。

(これらの資料は、比較的シンプルなもの、政治的な主張との関連性が薄いものだけを選びました。
他にも、安全性を強く主張するような見解、立場があることは知っていますが、ここでは、信頼性が高いと私が主観的に思う資料のみ示すことにしました。)

■チェルノブイリ原発事故により放射能汚染のあったベラルーシで医療活動をしていた医師(現松本市市長)による内部被曝についての見解
菅谷昭 松本市市長が内部被爆について語る 1/2
菅谷昭 松本市市長が内部被爆について語る 2/2
テキストはこちらにあります。
市長記者会見2011年3月22日

■食品については、崎山比早子氏(医学博士)の見解も考え方のひとつとして参考になると思います。
崎山比早子氏(医学博士)の見解1/2
崎山比早子氏(医学博士)の見解2/2
(いわゆる「直線しきい値なし (LNT) モデル」を前提にしているようです。原発反対派と原発推進派との間などで「直線しきい値なし (LNT) モデル」の是非については様々な議論、主張があります。)

■汚された大地で ~チェルノブイリ 20年後の真実~
■チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染
(前者のほうが内部被曝のことは多く触れられています。いずれも、以前にテレビ放送されたもののようです。著作権などの問題でURLはここには書きませんが、閲覧が可能であればぜひ前者だけでもご覧ください。)

内部被曝という問題をどう考えるのか②松井英介医師との対話「どこまで危険は迫るのか」
放射線医学専門の医師の見解です。受け入れるには厳しい見解が一部含まれているかもしれません。

内部被曝というのは、まず、次々と呼吸をつうじてはいってくるんですよ。これが多いんです。そして、水や食物を通じてもさらに入ってくる、核種はつぎつぎといろんなものがあって、入ってきますから。時間軸で見ると短い時間と言うよりも、長い時間で広い範囲内で考えておかないと、どうにもならない。だから、内部被曝はやっかいなんです。
(中略)
僕が危険性を感じているのは、福島、宮城、茨城、のエリアで、内部被爆がどういう状況なのかは危惧していますし、いろんな数値を見ていて、ある程度警戒が必要なのは、千葉、栃木、東京、神奈川でも思います。



■東京近郊の場合であれば、2011年3月15日、3月21日から23日あたりにかけて環境放射線量が上昇しており、このあたりの日に多量の放射性物質が空中から地表まで降下してきていると推測しています。

東京都環境放射線量測定結果

定時降下物のモニタリング
(2011年3月15日のデータは不明)

地表に降下してきた放射性物質は、水溶性のものが多いと聞いていますので、4月以降の雨水によって地表から洗い流されていくことを期待していますが、それでもまだ多量の放射性物質が地表にある土壌、砂などに吸着していることを示唆するような個人測定動画が多数あります(動画1動画2動画3)。

当面は、土壌、砂などの地面にあるものを呼吸により体内になるべく取り込まないようにされたほうがよいと思います。




原発に関するエントリーは政治に直結するものになりがちであり、また、チェルノブイリの場合も含めて原発事故による環境汚染の程度は、評価者の立場などによっても小さく評価したり大きく評価したりと、信じる宗教の種類ように人それぞれの考えがあり、まして砂場として使っているこのブログで原発のエントリーを取り扱うかどうか考えました。

しかし、母乳から1キロ当たり36.3ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたというニュース(何かの誤りならよいのですが。)を先程知って、このようなブログを訪れる稀有な方(私の個人的な友人が多いような気がしています。)にだけでも内部被曝を小さくすることの重要性が伝わればと思い、このエントリーを書くことにしました。


(2011年4月25日、7月26日資料の追加・加筆・編集をしました。)
------------------------------------------------------------
【2011/04/21 02:05】 | つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






一人でも多くの方のご無事を強くお祈りします。
                i
      、        i!
      i,`ヽ、     i |
      i   丶、  ,i :|
       i;::_,、-、`1_ | .:|
      -'‐'"1i !、'i゛ヽ:;、__
       ヽ:::|| | /' _,、‐'" '`‐、
        ヽ|i!r'/       \
         W'" ̄''‐-、_.     \
                `''‐-―一
------------------------------------------------------------
【2011/03/13 18:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






投稿がしばらくなかったので、その代わりにお気に入りの動画でも貼ってお茶を濁しておきます。
------------------------------------------------------------

テーマ=動画 - ジャンル=その他

【2011/03/08 22:22】 | つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。